Piggy&pup

たきの手作り石けんblog。

 

旅行に・・・

日頃からローペース更新の当blogですが、
12/5~12/8、更新&コメントのお返事をお休みさせていただきます。

離れて住む母とふたりで、北海道旅行に行ってきまふ。

函館・大沼・小樽・札幌を回る予定。

夜景見て、うまいもん食って、飲んで、温泉つかって・・・ってな感じになりそうです。


泊まるホテルすべてに温泉付き!

さらに小樽で泊まるホテルには、部屋に露天風呂がついているとか!!( ̄∇ ̄;)!!

日頃ユニットバス生活な私は、「キターー!!」ってな感じです!!

ここぞとばかりに、せっけんやら手作りコスメやら泥やら、いっぱい持っていきますよ!w







以下、心のつぶやき。(せっけ○・コスメ無関係。スルー推奨)
ランキングに参加しています → ファイブ ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
at 06:27 AM | comments (11) | trackbacks (0) 
 

ビタミンC誘導体

自作せっけんを洗顔に使い出してから、それまでもいつもできていた、
小さいニキビがポツン・・とたまに発生するぐらいで、まぁまぁ好調だった私のお肌。
ですが、10月下旬から現在までで、目の3㎝下あたりに2箇所、頬の中心に1箇所、
フェイスライン・口周りに4箇所ほど、赤くて痛い大きなニキビが発生しました。
(現在は新たに激しく発生する様子もなく、少し落ち着いています。)

原因などはさておき(おくなよw)出来てしまったものは仕方ない・・・。
とりあえず、最近消えにくくなったニキビ跡をなんとかしよう・・と
こんなものを買ってみました。

ビタミンC誘導体ビタミンC誘導体(脂溶性)です。
マンデイムーンさんで10gで945円でした。10gといってもフワフワのパウダー状なので結構な量が入ってます。パンパンに・・とは言えませんが、横7cm×縦12cmのジップバギー、結構膨らんでおります。画像で厚みが確認できますでしょうか?(いつものごとくクリックでデカくなります)
まだ使い始めて2週間ほどなのではっきりはわかりませんが、朝晩使用しても3ヶ月以上は楽に持ちそうです。過去に購入された方のレビューを拝見してもかなり好評なようなので、思わずポチっとやってしまいました。

ビタミンCは、皆さんご存知の通り、皮膚の新陳代謝を活発にする効果や、
コラーゲンの生成を促す効果があり、シミやニキビ跡・美白には効果大。
他にも紫外線遮断効果・皮膚の酸化防止・ハリを保ち取り戻す・シワ・シミの抑制・・などなど

その中でもこの「ビタミンC誘導体」、
皮膚への吸収力は従来のビタミンCを遙かに上回る、ビタミンCの約10倍!!
皮膚の腫瘍(ニキビとは別?)の発生を抑制する効果もビタミンCの四分の一の量で約30倍!!
(↑以上、マンデイムーンさん参照)

使い始めて約2週間経ちましたが、かなりいい感じです!
なかなか消えずにシミっぽく残っていた1ヶ月ほど前のニキビ跡が明らかに薄く。
ごく最近の、まだかなり目立つような跡もどんどん薄く。
予備軍として控えていた小さいニキビも、破裂することなく消えていきます。
それに気になる鼻周りの毛穴が少し小さく!!(なった気がする!w)

全体的に肌の調子を整える感じもあり、これはなかなかいいです!
キャリアオイルや乳液に溶くだけで使えるので、日頃のお手入れにすぐ取り入れられるのも魅力的。

続きは私の使い方やその他もろもろ(またもや長文デス;;)
ランキングに参加しています → ファイブ ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
at 10:49 PM | comments (10) | trackbacks (1) 
 

美肌水&トリートメントミルク

美肌水&トリートメントミルク

マンディムーンさんでお買い物した時、安かったのでなんとなく買ってあった尿素
  • 尿素とは
    皮膚表面にある水分の蒸発や吸収、またその水分を保つなどの働きをつかさどるNMF(天然保湿因子)成分のひとつ。尿素には、体内の水分を角質層にとりこみ、角質を溶解して剥離するという作用があり、ハンドクリームやボディケアクリームによく入れられるようになった。分子が小さくバリア効果は少ないが、ひじやカカトなどポイントケアによい。10%以上配合されたものは、敏感肌の人にはピリピリ感じられる場合が多く、使用の際には注意する。(All aboutより)

作ろうと思っていた「美肌水」をやっと作りました。 写真真ん中デス。

「美肌水」ってのは以前雑誌で紹介されて話題になったみたいですね。
本来の美肌水は、水(浄水機を通さない普通の水道水)200mlに、尿素50gとグリセリン小さじ1を溶かしたものを原液とし、それを薄めて使うみたいなのですが、普通に1%の尿素を精製水に加える方法で作ってみました。
尿素は3%までなら増やしてもいいそうですが、とりあえずは低配合からで・・^^;;

■使いきり美肌水
・精製水:100g
・尿素:1g
・グリセリン:小さじ0.5(お好みで増減)
・GSE:1g
・お好みの精油:2~3滴

【作り方】
清潔な容器に材料を入れ、フタをしてよく振り混ぜる。終わり。超簡単。


まだ2回ほどしか使ってないんですが、お肌が柔らかくなる感触があります♪
温める過程もないし、チャチャっと作れて、簡単でイイ!(・∀・)
精製水、冷蔵庫でカンカンに冷えていたのですが、
容器をフリフリするだけで、尿素はいとも簡単に溶けてくれました。
低コストなのも魅力です~~♪ 尿素安いっっ! しばらくはコレでいこうかな?

以前美肌水が話題になったきっかけの雑誌には、どこまでホントかわかりませんが
「かみそりの深ぞりでできた直径2cmのシミが美肌水で4ヶ月で4mmに縮小」だとか
「腕があがらないほど悪化した手のアトピーが今はつるつる」だとかびっくりするような報告もあったようで
乾せん・しみ・あざ・ソバカス・ニキビ・虫さされ・アトピー・痔(?!)などに効果があるようです。


ほんでもって、写真右のは髪用のトリートメントミルクです。
ランキングに参加しています → ファイブ ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
at 03:35 AM | comments (5) | trackbacks (0) 
 

パンテノール入りジェルリンス

ジェルリンス

先日作ったクリームリンス、一昨日の朝使う時になんかちょっとおかしいニオイがしたので
新しいリンスを作りました。この季節だし、2週間もたなかったな~。半量捨ててしまいました(つД`)
分量を間違って、最後に水を足して倍量できちゃたのでムリもないか。

最後のほう、ちょっと面倒になって冷蔵庫に入れてなかったんですけどね・・・^^;;
これからますます暑くなるし、今度はちゃんと入れとこう。うん。

この前のクリームリンス、オイル配合か乳化ワックスのせいとは思うのですが、
少し重すぎて、髪がサラサラ風になびく感じが全くなくなってしまう感じでした。
特に毛先のほう。痛んでるからかしらん?

なので今回はひぐらしのaslanさんのレシピの「トレハロースのジェルリンス」をお借りしました。
aslanさんいつもありがとう~~♪( 'Θ')ノ~☆
トレハロースは先日せっけんにブッ込んでしまい、なくなってしまったので、
買ってあった「パンテノール」なるものを入れてみました。

パンテノールとは
水溶性のビタミンで、体内で分解されると細胞の構築や正常な成長の維持や神経中枢系の発達に作用する。糖質やタンパク質、脂肪代謝の働きを補助し、抗体を作ってくれるといわれ、抗ストレスのビタミンともいわれる。皮膚への作用を中心に、皮膚細胞の活性化、肌の弾力性や保水性、肌本来の抵抗力の強化などに役立てられる。育毛に必要な新陳代謝を活発にするため、ヘアケア製品には多く使われる。爪などの強化クリームにも含まれる。髪の毛のキューティクルへの浸透もすばやく、枝毛・切毛予防のトリートメント成分として入れられる。(All aboutより)

「パンテー○」とかいうシャンプー、昔ありましたよね。今もあるのかな。
マンディムーンさんでお買い物したとき、なんだか気になって買ってあったのです。
10gで600円。せっけんにもブッ込んでみたいですが、ちょっとお高いデスナ・・・( ̄_ ̄ i)

今回は約200mlの水分に小さじ0.5入れてみました。
aslanさんレシピが、同分量で保湿成分がトレハロース大さじ1。
パンテノール小さじ0.5だけの保湿では少なすぎるかな?・・・と思ったんですが、
私の場合、お酢とお湯ですすぐシンプルなリン酢で適度な重さを感じられる髪なので
(乾燥毛なのに、なぜかそうなんです)あえて追加は無しで行ってみることに。
髪質や好みでさらに他の保湿剤も加えてもいいかもです。

一番初めに手作りコスメを作った時、クリームを作ったんですが、
60mlぐらいの量を、カプチーノクリーマーなるものでブイーンとやりました。

すごく楽にオイルと水分を乳化することが出来たと感じたので、
リンスを作る時もブイーンとやってたんですが、キサンタンガムを使う時は
普通の泡立て器でガシガシ混ぜたほうがダマにならず綺麗に溶けることに今回気づきました。遅。(´Д`;)

続きは 材料・作り方・使用感です。
ランキングに参加しています → ファイブ ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
at 05:28 PM | comments (10) | trackbacks (0) 
 

トレハロースクリームリンス

リンスとリップグロス

■トレハロースクリームリンス(左)

aslanさんがせっけんに使われたのをきっかけに、ちまたで話題のトレハロース。
早くせっけんも仕込みたいところですが、petty warmのsoltさんのblogで拝見した、
トレハロース入りリンスを参考に作ってみました。
soltさん、ご挨拶が遅れており、すみません。ありがとうございますm(_ _)m

クリームリンス、ずっと作ってみたかったんですよね!
お酢でのリンスも悪くないですが、なんとなく味気ないというか・・・
ユニットバスでのシャワーなので、いちいちシャワーを止めてリン酢液を作るのって
結構面倒だったりするのです。チッ(・д・)

レシチンオイルは持っていないので、仕込んであったカモミールのインフューズドオイルと
なんとなく髪に合いそうなオイルを選んでみました。
カプチーノクリーマー(3COINSで購入)があったので、ブイ~ンと楽々攪拌。
間違ってトレハロースをオイルの中にドバっと入れてしまい、
当然のごとく全く溶けなかったんですが、(本当は水に溶かすべきだったかも・・・)
多少細かいモロモロはあるものの、なんとかカタチになりました。
soltさんみたいにバッチリクリーミ~にできなかった・・・(つД`)

水とオイルを混ぜるとき、水は常温のものを使ったのですが、
orange flowerさんの乳液の作り方を見ると、「水は75℃ぐらいに温める」とあったので
だから少しモロモロが出ちゃったのかも・・・。

キサンタンガムは小さじ1/8で試したらけっこうシャバシャバだったので増やしました。
ダマが少々できていたので、そのせいかも?
最後、ポンプ容器に入れる時に、茶漉しで濾しました^^;;

香りは今までのせっけんの香りづけで一番お気に入りのもの。
ラベンダー・リッツァクベバ・ユーカリです。
スキッとする香りで、朝シャンの多い私にはピッタリです。

続きは使用感&材料・作り方デス。
ランキングに参加しています → ファイブ ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
at 04:09 PM | comments (8) | trackbacks (0)